商品紹介 products

  1. ホーム
  2. 商品紹介
  3. 他社との優位性

他社製品との比較

4つのPOINT

POINT

  1. 他社製品より投入口が狭く、手が入らないので、投入した書類の取り出しが出来ません。高いセキュリティを誇ります。
  2. 容量がいっぱいになると、自動的に投入口が閉まり、書類が溢れるのを防ぎます。
  3. 転倒防止のスタビライザーで、耐震安全性を確保。一般的なキャスター付きに比べて、安全性を高めています。
  4. 投入口が1つのものは、満杯でなくても回収されてしまいますが、キューブガードWは、投入口が2つあるため、満杯になったものしか回収しません。
    ※コストダウンにつながります。

他社との優位性について

書類が溢れない・書類が取出せない

一般的に、設置されている廃棄文書用キャビネットは、投入口が大きく手が入ります。
また、満杯になったとき、書類が溢れ出てしまいます。
当社のキャビネットは、お客様の不安を取り除くため満杯になると、自動的にシャッターが閉まります。

転倒防止(スタビライザー)付で、動かない

キャスターがあることで、 移動しやすい=持ち出せるというリスクがあります。また、地震の際、勝手に動き出し壁の損害、人身事故といった問題があるようです。
当社では、固定型のキャビネットをメインに導入していただいているので安心です。

転倒防止(スタビライザー)説明画像

四方向にセキュリティカメラを搭載

現金輸送車並の車輌は、一般的となっているなかで、当社では、前後左右の四方向にセキュリティカメラを搭載し、録画しております。また、エンジン停止時のいたずらに対応する為、エンジン停止時でも録画します。

処理完了まで短時間

近年、最終処理が溶解処理という業者が当たり前という時代です。しかし処理をする工程には数パターンあり、機密保持の範囲も様々です。当社では、破砕・長期保管・古紙問屋を経由せず、製紙メーカーに直接持込みます。短時間で溶解処理まで完了します。

フローの比較

回収から最終処理までのフロー