機密書類処理の流れ

当社はお客様のあらゆるニーズにフレキシブルに応えるサービス体制のもと、お客様が必要とするセキュリティレベルとオフィス状況に応じたシステムをご提案します。

 

 

設置


 

スタンダードタイプ


ハイストレージタイプⅠ


ハイストレージタイプⅡ


 

回収・運搬

回収について

回収員は、セキュリティ教育訓練を受講した社員で、身分証を携帯し、ユニフォーム着用しております。
各フロア、キャビネット設置場所より回収します。

 

運搬について

回収する車輌は、書類が飛散しないよう鍵付きの完全密閉型特別車輌を使用します。
また、リアルタイムで、位置確認システムにて管理、セキュリティカメラを前後左右に搭載しダブル管理しております。

運搬方法

位置情報管理システム・前後左右にセキュリティカメラを搭載した鍵付完全密閉型車輌を使用します。
走行経路・速度・日時を記録し、エンジン停止時も画像録画。

 

処理

処理について

持込んだ機密書類は、未開封のまま箱ごと溶解処理・破砕減容処理されます。開封・分別することは一切ありません。

処理方法

当社で採用している処理方法は2種類、溶解処理破砕減容処理です。
回収~処理までを自社完結処理し、処理後は製紙メーカーでリサイクルされます。

溶解処理

コンベア
パルパー

破砕減容処理

コンベア
処理後

エコモ・リンクル市原センター

処理後

処理した機密書類は様々な製品に生まれ変わります。
循環型を意識された企業様にはご要望により再生品のご提案も致します。