スターバックス プラスチックから紙容器へ

スターバックスコーヒージャパンは2020年11月から、
一部のアイスドリンクのカップを使い捨てプラスチックカップから、
「紙製カップ」に変更し、蓋もストローを使わずに飲める形のものに変更すると発表しました。

この取り組みによって、1杯あたり約6割のプラスチック使用量が削減でき、
年間で約6100万杯分の削減効果が見込めるそうです。

また、紙のカップは結露の影響を受けにくくするため、内側外側にラミネート加工を施してあり、
さらに、ストロー不要の蓋はコーヒーの香りが楽しめるよう従来よりも飲み口を大きく設計するなどの、
多くの改善や工夫がされているとの事です。

スターバックスコーヒージャパンが紙ストローからスタートし、
段階的に進めてきたプラスチック使用量削減への取り組みは、
今回の紙製カップ導入・ストロー不要へ繋げるための戦略だったと考えると勉強になります。
全てのプラッチック製品を一気に紙製品に変えてしまっていたら、
スムーズに受け入れられなかった可能性もあったと思われます。

このように環境に優しく、従来よりもより良い方法を試行錯誤し行動することが、
この先の世界を守って行くことに繋がるのではないでしょうか。

 

 

株式会社シオザワでは機密文書循環型システム提案し、
企業様の環境貢献の取り組みにご協力することが出来ます。
・シュレッダーで処理をしている企業様には、(シュレッダー処理のメリットとデメリット)
リサイクル率を上げ、処理に費やす時間を有効に使えるご案内いたします。
・セキュリティ面の強化をご検討の企業様には、(当社オリジナルキャビネット)
お客様の状況に合わせた機密文書保管キャビネットをご案内いたします。
・現在ご利用の機密文書処理システムとの比較をお考えの企業様への対応もいたします。

担当営業がお客様の状況に合わせたご提案をいたします。
お気軽にお問い合わせ下さい。